記事一覧

美しいお化けSSを撮るために~初級編 HINERI スタンダード~

ここ最近、イイHINERIが撮れないんですけど・・・・。


こういうときは初心にかえって基本的なHINERIから撮らなければならない。

何でもそうだけど、何かわからなかったり、躓いたときはまず最初の基礎を思い出すのだ。




まず、HINERIは大きくわけて2種類ある。



ひとつはスタンダード型

これはその名のとおり、HINERIのもっとも基本的な様式である。


そのスタンダード型も更に細かく分類できるのだが、それはまたいずれ説明しよう。


では、スタンダード型をとりあえず見ていただきたい。




ffxiv_20150829_012514.png


これはエモート「みわたす」を使ったときのHINERIだ。

やや控えめのHINERI具合なのが目に見えてわかるだろう。

これはエモートでのモーション自体がそこまで大きくないので少ないHINERI具合になってしまっているのだ。

これを私はちょいHINERIと呼んでいる。

ちょいHINERIのもっとも良いとされるポイントは控えめながら、棒立ちとは一線を画する存在感であろう。

上品でおしとやか。主張の激しくないそのHINERIはヒューランやアウラの女性と非常に相性が良いと思われる。





次はコレを見ていただこう。



ffxiv_20150829_012623.png


ちょいHINERIよりも大きくひねられているのがわかるだろうか。

これがもっとも基本となる本HINERIである。

大胆かつ滑らかな曲線、存在感も十分に華やかさを余すことなく表現できている。

角度や光の当て方、視線の方向など、さまざまな撮影の仕方でいかようにも表現できるもっともスタンダードなものだ。




しかし、初めてHINERIを撮影するときに知っておかなければならない事がある。

実はこれがHINERIを表現するにあたって一番重要な部分なので、ぜひとも皆さんには知っておいてもらいたい。


その重要な部分とはココ。


nda.png



私はこの部分をシルクスマークと呼んでいる。

シルクスの塔のようなマークだからそう呼んでいるわけだが、なぜココが重要なのか。


お化け装備(ウェイリングスピリット、ハウリングスピリット)はほとんどが白を基調としたシンプルな配色になっている。

これにいくらHINERIを加えても、光の反射によっては綺麗にHINERIを表現できない場合があるのだ。

白いハンカチをひねって遠くから見ても、ただの白にしか見えない状況と似ていると考えてくれるとわかりやすいだろう。


そこで、このシルクスマークの部分をひねることで、マークを歪ませる。

そうする事でよりHINERIが目に見えてわかるようになるのだ。

ちょいHINERI本HINERIの差もこれを基準に見てみるとより区別しやすいだろう。

画像で説明するとこのようになる。



nda - コピー


シルクスマークの歪みの差を比べると一目瞭然だろう。

これをうまく活用することで、光のあまり当たらない夜のHINERI撮影でも良いHINERIを表現できるようになる。


HINERI撮影の初歩的なテクニックとして是非とも覚えてもらいたい。




次回は少し応用を利かせたHINERI撮影を紹介していこうと思う。

SS的にはこのようなものとなる。

ffxiv_20150826_204139.png



名づけて~中級編 HINERI アプリフティング~


HINERIを追求する同志たちには是非とも見ていただきたい。

つ づ く


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リムサの亡霊Chico

Author:リムサの亡霊Chico
FF14のお化け装備(ウェイリングスピリット)の魅力にとりつかれた人。
装備集めやコンテンツ攻略そっちのけで元気にどっかでお化けしてます。
住処はリムサロミンサのエーテライト北にあるベンチ。


職業:メインお化け サブモンク

座右の銘:亡霊の正体見たりやはりChico

将来の夢:お化け装備をミラプリ化実装させること